翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

4.2 (29件のレビュー)

日本, 京都府, 京都市, 右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12番   •  天気:    •   現地時刻:     •  電話: (81) 75-872-0101  

4.2

菊花と観月の宴

旧暦9月9日(新暦の10月中頃)の「重陽の節句」は、五節句のひとつで「菊の節句」とも言われています。
菊は古来より薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。
日本では平安時代に重陽の節句の文化が中国から伝わり、当時の貴族たちは不老長寿の願いを込めて菊の花びらをお酒に浮かべた菊酒を飲み、宴を催したと伝えられています。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都では、平安時代より続く「重陽の節句」の伝統と、秋の名月をお愉しみいただける2つのイベントを期間限定でお届けいたします。

観月と菊花の宴

2017.10.7~8

中秋の名月をお愉しみいただける特別なプランをご提供いたします。
10月7日-8日限定でレストラン「京 翠嵐」のディナ―会席「錦繍」をご利用のお客様全員に、
夕暮れ時の屋形船遊覧、菊の花を浮かべたウェルカムシャンパン、被綿(きせわた)をあしらった菊のブーケをプレゼントいたします。

*菊の被綿 … 重陽の節句に行われる風習の一つで、菊に綿を真綿を被せ夜露と香りを移し、翌朝にその綿で体や顔を拭うことで長寿や健康を祈願したと言われています。

* 中秋の名月 … 旧暦で8月15日にあたる日の月を中秋の名月(十五夜)と言い、古くより月見を楽しんできました。中国から月見の文化が伝わったのは平安時代と言われており、平安貴族は月を直接見るのではなく、舟に乗り池や川の水面に映る月を眺めて月見を楽しんだと伝えられています。

菊の被綿 ブーケイメージ

観月船イメージ

ディナー会席「錦繍」

ディナー会席「錦繍」

期間:2017年10月7日・8日
料金:お一人様 21,000円
プラン内容

●夕暮れの屋形船遊覧
●乾杯用シャンパン
●ディナー会席「錦繍」
●菊の被綿をあしらったブーケ(1つ)

スケジュール

18:00~ 茶寮 八翠にてウェルカムシャンパン(1杯)
18:30  屋形船のご乗船(約20分)
ご乗船後、京翠嵐にてディナー

事前予約要(3日前)


* 乗船時間の18:30までに茶寮 八翠へお越しください。
* 当日雨天等により観月船が運休する場合がございます。
* 2日前からのキャンセルは20%、当日のキャンセルは100%のキャンセル料を申し受けます。
* 観月は天候や日によって見えない場合がございます。予めご了承ください。


ムーンライトシャンパンディライト(ご宿泊者様限定)

2017.9.9~10.26

嵐山と保津川の美しい景色をテラスから望む「茶寮 八翠」で毎夕開催されるシャンパンサービス「シャンパンディライト」。
9月9日から10月26日までの期間中は、ご提供するシャンパンに菊の花を浮かべた菊酒にてお愉しみいただけます。
嵐山の初秋の月を眺めながら、寛ぎのひと時をお過ごしください。

期間:2017年9月9日~10月26日
料金:無料(ご宿泊者様限定)

* 観月は天候や日によって見えない場合がございます。予めご了承ください。


ご予約・お問い合せ

TEL:075-872-1555

レストラン「京 翠嵐」直通 (受付時間 7:00a.m. - 9:00p.m.)
または、restaurant@suirankyoto.comまで

  • 表記価格に別途、サービス料(10%)および消費税を加算させていただきます。
  • 写真はイメージです。