翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

4.2 (29件のレビュー)

日本, 京都府, 京都市, 右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12番   •  天気:    •   現地時刻:     •  電話: (81) 75-872-0101  

4.2

世界遺産で聴くクラシックと美餐の夕べ

2017.10.15 Sun. 6:30p.m.~

会場:世界遺産 天龍寺

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都では、2017年10月15日(日)、ホテルに隣接する世界遺産天龍寺にてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団前コンサートマスターダニエル・ゲーデ氏率いる弦楽四重奏団によるクラシックコンサートのご鑑賞と、ホテルレストラン「京翠嵐」での特別ディナーをお楽しみいただく、「世界遺産で聴くクラシックと美餐の夕べ」を開催いたします。

ゲーテ弦楽四重奏楽団イメージ

世界遺産 天龍寺 イメージ

特別ディナー イメージ

2011年に結成された「ゲーデ弦楽四重奏団」は、ヨーロッパを中心に活躍する世界的な演奏家4名で構成されており、その豊潤で美しい音色は、日本でも多くのファンに愛されています。
このたびは世界遺産を舞台にする稀少な機会が実現し、特別プログラムによるコンサートで嵐山の秋、夜の天龍寺にて心に残る美しいクラシックの響きをお届けいたします。

演奏会のあとは、ホテル内 レストラン「京 翠嵐」にて、滋味豊かなソースをトッピングし焼き上げた「松の実とオマール海老のテルミドール」や薫り高い旬の松茸と共にお召し上がりいただける「茸のアンクルート」など、深まりゆく秋を愉しむ特別コースディナーをご賞味いただきます。

悠久の景勝地・嵐山にて、ラグジュアリーコレクションがお届けする世界最高峰のクラシック演奏と美食の織り成すプレミアムな一夜をお愉しみください。


世界遺産で聴くクラシックと美餐の夕べ

2017.10.15 お一人様 25,000円

弦楽四重奏コンサート

会場

世界遺産 臨済宗天龍寺派大本山 天龍寺(友雲庵 ゆううんあん)
開場:18:00/開演:18:30

プログラム

  • ドビュッシー 弦楽四重奏曲 ト短調 作品10より 第2楽章及び第3楽章
  • メンデルスゾーン弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 作品13より 第 3楽章
  • モリコーネ 愛のテーマ 映画「ニューシネマパラダイス」より
  • シュトラウス2世 美しく青きドナウに  など7曲

* 演奏者の希望により曲目を変更する場合がございます。

特別ディナー

会場

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都
レストラン「京 翠嵐」
時間:19:30~21:00

メニュー

雲丹のフラン 
鮪のタルタルとコンソメのジュレキャビア添え
茸のアンクルート 松茸と共に 
松の実とオマール海老のテルミドール
水尾柚子のジュレとそのグラニテ
近江牛と鮑のロッシーニ風 
キャラメリゼした林檎とカマンベール
チョコレートタルトとバニラアイス

仕入れの状況によりメニュー内容が変更になることがございます。

>ご予約・お問い合せはこちら

*要予約。締切10月12日まで
*お申込み締切日後のキャンセルに関しては100%のキャンセル料を頂戴いたします。


ゲーデ弦楽四重奏団について

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団前コンサートマスター、ダニエル・ゲーデが率いる弦楽四重奏楽団。
第2ヴァイオリンに幼馴染のステファン・フーヴァー(バイエルン放送交響楽団団員)、ヴィオラはマティアス・シェスル(バイエルン放送交響楽団団員)、チェロは実弟のセバスティアン・ゲーデ(北ドイツ放送交響楽団団員)という4メンバーで2011年に結成。
2011年東日本大震災の影響ですべての日本公演を中止したウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団にかわり、11月に初来日し圧倒的な名演を日本各地で繰り広げ絶賛を浴びた。また東日本大震災の被災地応援ボランティア活動にも積極的に取り組み、このツアーでは仙台市、須賀川市、気仙沼市、亘理町、いわき市、二本松市でコンサートを開催した。2014年秋の2回目の日本ツアーでは50回にわたる演奏会に出演し全国を感動の渦に巻き込んだ。

ゲーデ弦楽四重奏団 (左から、ダニエル・ゲーデ、ステファン・フーヴァー、 セバスティアン・ゲーデ、マティアス・シェスル)


ご予約・お問合せ

TEL:075-872-1555

レストラン「京 翠嵐」直通 (受付時間 7:00a.m. - 9:00p.m.)
または、restaurant@suirankyoto.comまで

  • 表記価格に別途、サービス料(10%)および消費税を加算させていただきます。
  • 写真はイメージです。